消費者金融とのおつきあい

Posted by | こんな時に便利

初めて消費者金融にお世話になったのは、今から約4年前、本当に生活に困った時でした。
ごく普通の庶民的な暮らしをしていました。
食べることや出かけることが好きで、毎月の収入から貯金はせず、どこに消えたかわからない飲食に使っていました。
それが、ある時、思いもよらず必要な出費が重なり、アリとキリギリスに例えると、キリギリス生活だった私は、不意の出費、予期せぬ出費に備えができておらず、にわかに生活を切り詰めても、十分に耐えられるだけの体力はありませんでした。
でも、家族や友達に頼ることは控えたいと考えました。
私のプライドだったのかもしれませんが、それをすると、その後の関係性が変わる気がして、なんとなく、嫌でした。
負い目を感じたり、引け目を感じたりすると思いました。
そして私は、ネットでいろいろ調べてみました。
自分だけ孤独のような気分に気がふさいでいたものの、ネット上には、大勢の、私と同じような方が存在しました。
そこで、消費者金融でお金を借りることを学びました。
借りても、きちんと返済をすれば問題ないのだと、前向きな意識になりました。
確かに利息はかかりますが、貯金もない、日々の暮らしに充てる現金もない私という人間に、何の担保もなく貸してくれるのですから、ありがたさと引き換えに払う利息は当然のことだと思いました。
利息がかかるからこそ、できるだけ早く返そうとも思ったし、お金と向き合うことができて良い経験になりました。
家族や友人に借りなかった選択は間違ってなかったと、つくづく思います。